Messagesご挨拶

Director of the Sports Medicine Medical Center

スポーツ医学診療センター長

Daisuke Araki荒木 大輔

みなさま、こんにちは。総合リハビリテーションセンター中央病院 スポーツ医学診療センター センター長に就任させて頂きました荒木大輔です。当センターは、スポーツを愛される方々が少しでも身体に違和感を覚えられたり不慮の怪我に見舞われたりした際に、診断から治療、手術、そしてスポーツ復帰まで、一元的に対応できるように開設しました。当センターでは整形外科のみならずスポーツ内科も併設しており、スポーツ貧血や栄養指導等含め、全身を包括的に治療する体制を整えております。これは兵庫県が全国の公立病院に先駆けた取り組みであり、当センターで治療される皆様が高いレベルでスポーツに復帰できるよう、最大限サポートさせて頂きます。

総合リハビリテーションセンター中央病院では歴史的に脊髄損傷患者、パラアスリートの方々の治療を得意としており、施設内には障害者スポーツ交流館、自立生活訓練センター、また最先端のリハビリテーション技術を開発するための研究所やロボットリハビリテーションセンターなど、多くの施設があります。総合リハビリテーションセンタ中央病院には西日本最大のリハビリテーション室があり、スポーツ医学診療センターの開設に合わせて最新のトレーニング機器を取り揃えたスポーツリハビリテーション室も設置しました。また、2023年度にはひょうご障害者総合トレーニングセンター(仮称)が開設される予定で、アリーナ・屋内プール・屋内フットサルコートなど、さらにスポーツ施設が充実する予定です。豊富な施設と最先端の治療を融合し、オリンピック・パラリンピックを目指すアスリートから、一般のスポーツ愛好家まで、スポーツ復帰を目指す方々にとっての最高のスポーツメディカルセンターを目指しております。

当センターでは様々なプロスポーツのメディカルサポートも務めており、経験豊富なスタッフが皆様の診療を担当させて頂きます。また、内科・整形外科疾患等を含めましたスポーツメディカルチェックも可能です。皆様がより安全にスポーツを楽しみ、また更に高いパフォーマンスを発揮できるように、健康・体力づくりのサポートを行います。当センターはスポーツのレベルに関わらず、スポーツを愛される皆様を支えられる存在となるようお手伝いをさせて頂きますので、皆様いつでもお気軽にご相談ください。

学歴
2003年秋田大学医学部医学科 卒業
2011年神戸大学大学院医学系研究科 修了
主な経歴
2003年神戸大学医学部附属病院
神戸大学整形外科研修プログラム 修了
2012年米国 ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)整形外科
2014年神戸大学医学部附属病院 整形外科
2021年総合リハビリテーションセンター中央病院 スポーツ医学診療センター
認定資格等
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) 関節鏡技術認定医 膝フォーラム 世話人
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) 評議員
日本臨床スポーツ医学会 代議員
日本オリンピック委員会 強化スタッフ(医・科学)
日本バレーボール協会 ハイパフォーマンスサポート委員会
 メディカルユニット メンバー(学術・国際班 班長)
日本バレーボールリーグ機構(V. LEAGUE) メディカル委員
所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形災害外科学会
日本臨床バイオメカニクス学会
日本臨床スポーツ医学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)
日本整形外科スポーツ医学会 (JOSSM)
日本リハビリテーション医学会
関西関節鏡・膝関節研究会
International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine (ISAKOS)
European Society of Sports Traumatology Knee Surgery and Arthroscopy (ESSKA)
Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society (APKASS)
Orthopaedic Research Society (ORS)
Anterior Cruciate Ligament Study Group (ACLSG)
チームメディカルサポート
バレーボール日本代表チーム チームドクター
久光スプリングス チームドクター
パナソニックパンサーズ チームドクター
神戸製鋼コベルコスティーラーズ チームドクター

About usスポーツ医学診療センターについて

スポーツに関わる様々な疾患にワンストップで対応

総合リハビリテーションセンター中央病院 スポーツ医学診療センターは、プロアスリート・パラアスリート・学生アスリート・スポーツ愛好家・障害者スポーツ愛好家など、スポーツを愛する方々が、外傷や障害で治療を余儀なくされた際に、「適切な診断」・「高度な治療」・「復帰へ向けた最高のリハビリテーション」を実践できる施設として設立されました。

整形外科疾患はもちろんのこと、スポーツ内科など、アスリートを取り巻く多くの外傷・障害に対して包括的な治療を展開いたします。治療に際しては神戸大学医学部附属病院と密接に連携し、様々な疾患に対応できるような体制を整えております。皆様、いつでもお気軽にご相談ください。

01最新鋭の治療機器と充実したリハビリテーション体制

当センターには総合リハビリテーションセンター中央病院の外来・入院・手術施設に加え、CT・MRI・エコーなどの検査機器、関節鏡システムや体外衝撃波治療器など最新の治療機器を取り揃えております。
経験豊富な理学療法士・作業療法士・アスレチックトレーナーが多く在籍しており、理学療法室・作業療法室などのリハビリテーション施設は西日本随一の広さを誇ります。さらには最新のトレーニング機器をそろえたトレーニング室を開設し、メディカルリハビリテーションのみならず、患部外のトレーニングも同時に行うことで、アスリートが治療期間を有意義に過ごせるような体制を整えております。
また、入院期間中快適にお過ごしいただけるよう、売店・レストラン・理容室に加え、最上階にある展望浴室もご利用いただけます。

総合リハビリテーションセンター中央病院

02パラアスリートのためのトレーニング設備も強化

敷地内には障害者スポーツ交流館、障害者支援施設自立生活訓練センターも併設されており、パラアスリートの方々もトレーニングに打ち込める環境も兼ね備えております。また、総合リハビリテーションセンター 福祉のまちづくり研究所ではインテリジェント義足やロボットリハビリテーションなど精力的な研究を行っており、スポーツ医学分野の研究も行いながら先端的治療を実践できるように心がけております。
今後2023年にアリーナ、屋内プール、屋内フットサルコートなどを備えた「ひょうご障害者総合トレーニングセンター(仮称)」が開設される予定で、アスリート・パラアスリートに対して宿泊リハビリテーション・トレーニング事業も展開していきます。

障害者スポーツ交流館 障害者支援施設自立生活訓練センター 福祉のまちづくり研究所

03柔軟かつ迅速な診療体制への取り組み

受診に際しては全国に先駆けて「スポーツ救急ダイヤル」を設置し、現場で急遽生じた外傷等に対しても適切なアドバイスが随時できるような体制を整えており、Web予約システムにより迅速な受診が可能となるシステムを構築いたしました。当センターの開設に合わせて、午後7時までの夜間診を開始し、外来通院リハビリテーションや最先端の治療機器を使用した物理療法も取り入れて、保存的加療にも積極的に対応いたします。
また、多くのスポーツチームのメディカルサポートを行っており、地域の学校やスポーツチームを対象に定期的に現場での救急法・ドーピングコントロール・スポーツ医学などに関する勉強会や講演会も企画しております。

スポーツ救急ダイヤル Web予約

Team Medical Supportチームメディカルサポート

近年皆様がより安全にスポーツを楽しめるように、チームドクター、遠征・大会時の帯同ドクターのニーズが高まっています。
当センターでは本県のスポーツ振興を図るため、様々なスポーツ種目に対し、整形外科医師、ナース、セラピストの派遣を行ないます。
県内の学校やクラブのメディカルサポート、メディカルチェックなど、様々な面でのサポート体制を整えております。

チームメディカルサポートのメンバー

当院でサポートを行なっているプロスポーツチーム

  • パナソニックパンサーズ(V.LEAGUE Men Division 1)
  • S A G A久光スプリングス(V.LEAGUE Women Division 1)
  • ヴィクトリーナ姫路(V.LEAGUE Women Division 1)
  • 神戸製鋼コベルコスティーラーズ (ジャパンラグビートップリーグ)など

スポーツイベントへのドクター派遣

昨今、スポーツへの関心が高まる中で、様々なスポーツイベントが催されております。その中でもボディコンタクトの激しい球技、各種格闘技、障害物を伴う競技など、ケガや事故などのリスクが高いイベントの救護には、医師・看護師・セラピストなどのサポートが欠かせません。当センターでは、これらのイベントにもご希望に応じて医師・看護師・セラピストの派遣を行ないます。派遣を希望される方は、当センターにお問い合わせください。

FIFA Medical Centre of ExcellenceFIFAメディカルセンターについて

当院は、国際サッカー連盟(FIFA)により、「FIFAメディカルセンター(FIFA Medical Centre of Excellence)」に認定されています。神戸大学医学部附属病院、明和病院と共に、世界32ヶ国に49ヶ所設置されているFIFAメディカルセンターうちの一つとなっています。FIFAメディカルセンターは特にサッカー選手の外傷・障害の予防ならびに治療を得意とし、FIFA medicalの調査・研究をサポートできる、サッカー医学におけるリーダーシップを確立された施設です。また日本代表選手のメディカルチェックや国際大会派遣手続きも可能です。当センターでは、整形外科を始めとして、スポーツ内科等様々な分野のスペシャリストのチームが協力して、サッカー医学の発展に貢献しています。

近年、選手の外傷・障害治療のみならず、学校・クラブチームにおいてもメディカルチェックの重要性が提唱されています。当センターではスポーツ内科・整形外科含め統括的なメディカルチェックを行うことが可能です。ご希望の方は下記よりお問い合わせください。

FIFA Medical Center of Excellence認証式
(2015年1月29日)