Medical Equipments医療機器の紹介

拡散型ショックウェーブ(ESWT)

拡散型ショックウェーブ療法は、欧州を中心に各国の医療現場で活用される新しい治療アプローチです。
圧縮した空気によって作られる圧力波エネルギーは焦点を結ぶことなく拡散する為、エネルギーが広範囲に及び、筋や腱の治療に適しています。慢性疾患からトップアスリートのケアまで適用可能なシーンは幅広く、多様な運動器疾患治療に活用できます。海外では足底腱膜炎、テニス肘、ゴルフ肘、膝蓋腱炎など多くの疾患に対し、除痛目的に使用されるようになってきております。

ホットパック

患部に温熱効果を与えます。温熱効果によって毛細血管拡張、老廃物除去促進効果などにより、痛みを軽減することができます。また、筋などの軟部組織(骨以外の組織)を柔らかくほぐすことができます。

半導体レーザー治療器

半導体レーザーの照射によって、筋肉や関節の痛みをやわらげる疼痛治療器で、パワー密度が高い180mWの最高出力をピンポイントで照射し、素早く「痛み」の深部に浸透します。
腰痛・肩こり、関節炎やリウマチ、あるいはスポーツによる筋肉痛、腱鞘炎に効果を発揮します。

超短波治療器

深部の患部も直接温める立体加温が可能です。ホットパックや遠赤外線など体表面を温める伝導加温では、体の深部まで温めることは困難です。超短波治療器では、超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

超音波骨折治療器(LIPUS)

LIPUSによる音圧効果で骨の形成を促進し治療期間を約40%短縮することが可能です。骨に器械的な刺激を与えると、その刺激に応じて骨が形成、修復されることが確認されています。超音波骨折治療法は、プローブを患部に固定した状態で出力の弱い超音波を断続的に発振することで、骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。

Facilities院内施設の紹介

Sports Rehabilitation Room

スポーツリハビリテーション室

アスリートのためのトレーニングスペースを開設いたしました。
コンディショニングから、本格的なトレーニングまで、各種医療機器やトレーニングマシーンを用いて様々なニーズに応えられるようにしております。

スポーツリハビリテーション室
スポーツリハビリテーション室
スポーツリハビリテーション室
スポーツリハビリテーション室
スポーツリハビリテーション室
スポーツリハビリテーション室
更衣室
スポーツリハビリテーション室
シャワー室

Radiology

放射線科

CT、MRIも完備しており、迅速な画像診断を行います。また全身型の骨密度測定器も備えております。

64列MD-CT
64列MD-CT
1.5T-MRI装置
1.5T-MRI装置
骨密度測定器
骨密度測定器

Laboratory

検査室

検査室を併設しており、血液検査・呼吸機能検査・心電図・エコー検査など、様々な検査を迅速に行うことが可能です。
また、心肺運動負荷試験(CPX)を行うことも可能であり、アスリートの心肺評価機能も行うことができます。

心肺運動負荷試験
心肺運動負荷試験
MINATO AE-310s Strength Ergo240

Physiotherapy Room

理学療法室

当センターの理学療法室は西日本最大のスペースを誇り、様々な理学療法に対応できるように広大なスペースを設けております。
また、密とならないように十分な距離を確保しながら理学療法を行うことができます。

理学療法室の様子
理学療法室の様子

Occupational Therapy Room

作業療法室

上肢のリハビリは作業療法室で専門的な訓練を受けることができます。

作業療法室の様子

Exercise Area

リハビリ広場

屋内スペースだけではなく、屋外でのリハビリを行うことも可能です。

屋外のリハビリ広場

Child Rehabilitation

小児リハビリテーション室

小児専用のリハビリテーション室もあり、落ち着いた環境でのリハビリテーションが可能です。

小児リハビリテーション室の入り口
小児リハビリテーション室の内部

Playfield for Children

親子ふれあい広場

小児専用の屋外リハビリテーション施設です。

屋外の親子ふれあい広場

Rehabilitation Equipments

生活体験・実習設備

リハビリテーション後の実生活を体験したり、実習を行う設備も充実しています。

実生活体験コーナー 寝室
実生活体験コーナー 廊下・階段
実生活体験コーナー 和室

実生活体験コーナー

生活評価コーナー 浴室
生活評価コーナー 浴室の設備・車いすなど

生活評価コーナー

生活実習コーナー ダイニングキッチン
生活実習コーナー 玄関・和室

生活実習コーナー

Auditorium

研修ホール

研修ホールも併設しており、地域の方々やアスリートへの指導・普及活動も行っております。

研修ホールの入り口
研修ホールの内部
研修ホールの内部・聴衆席

Bathroom

展望浴場

医師の許可を得られた方は展望浴場を利用することも可能です。リハビリテーション・トレーニング後の疲労回復に有用です。

展望浴場の入り口
展望浴場の内部
展望浴場の内部

Other Facilities

その他設備

売店
売店
外来レストラン
外来レストラン
ATM
ATM
理容室
理容室

Related Facilities連携施設の紹介

当センターは兵庫県総合リハビリテーションセンター内にあり、中央病院以外の施設と連携して、様々な治療や研究を行っております。
アスリートの皆様がより安全にそして高いレベルでスポーツに復帰できるよう、様々な職種のスタッフが協力して皆様の治療を担当致します。

兵庫県立障害者スポーツ交流館

兵庫県下で初めて開設された障害のある方の優先スポーツ施設です。
スポーツやレクリエーションを通じて健康体力の維持増進と利用者相互の情報交換であるコミュニティスポーツ施設として年間 8万5千人と多くの方々に利用されています。
当センター開設に伴い、本施設でスポーツを楽しまれる方々が万一の怪我の際にもすぐに対応させて頂くことが可能です。詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

アリーナ
アリーナ
トレーニングルーム
トレーニングルーム
フリークライミング・ツリーイング
フリークライミング・ツリーイング

福祉のまちづくり研究所

ロボットリハビリテーションセンター

ロボットテクノロジーをリハビリテーション手段として活用し、効果的なリハビリテーション手法を提供することを目的としています。詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

筋電義手
筋電義手
コンピュータ制御義足
コンピュータ制御義足
ロボットスーツHAL (サイバーダイン社)
ロボットスーツHAL (サイバーダイン社)

ひょうご障害者総合トレーニングセンター(仮称)

兵庫県が新たに当センター内にひょうご障害者総合トレーニングセンターを建設中です。
近年のスポーツ人口の増加を踏まえ、パラスポーツ人口も急増しており、アスリートやパラアスリート、地域の皆様が安心してスポーツに打ち込める施設を整備しています。本トレーニングセンター内にはアリーナ・屋内プール・屋内フットサルコートやボルダリング施設などを整備し、多彩なスポーツに対応することが可能です。
既存の障害者スポーツ交流館、自立生活訓練センターなどを活用して、宿泊トレーニング事業等も開始する予定です。

ひょうご障害者総合トレーニングセンター
ひょうご障害者総合トレーニングセンター
外観イメージ像